ビフォーアフター

実際の当施設ご利用者の経過と測定値の推移についてご紹介いたします。

まずは内臓脂肪の減少を紹介します。

運動前

3ヶ月後

上の図で黄色が内臓脂肪。ピンクが皮下脂肪。

内臓脂肪が減少しているのがわかります。

メディカルチェック結果動向

当施設メディカルチェックの受診者の31.6%に疾患がみられ、

それ以外の方もBMI値が高値だったりと、疾患もなくBMIも正常だった割合は、全体のわずか17.2%でした。

男女比での割合としては、男性の48%、女性の20.5%に疾患がみられました。

最近の傾向としては、やはり食べすぎ・運動不足からの生活習慣病の割合が多く日本全国の割合としても新潟県は高いようです。また、最近の傾向としては30歳未満の若年層の発症の割合も高く注意が必要です。特に太ってはいないのに…血糖値が。少し動いただけで、息切れが。現代では見た目では分からない、自覚しづらい多くの疾患が潜んでいます。

ページの先頭へ

当施設メディカルチェック受診者

男性の主な疾患の種類

女性の主な疾患の種類

メディカルフィットネス利用の身体計測値の推移例

対象者:64歳女性 身長156.5cm

(体重7kg減 体脂肪率8.6%減 BM3.3%減)

メディカルフィットネスの特徴として、6ヶ月をめどに各個人に合わせたプログラムを作成いたします

このようにグラフで表示するとゆるやかなカーブを描き、徐々に結果があらわれてくるのがお分かりいただけると思います。

早く結果があらわれると嬉しいものですが、急な体重・体脂肪率等の変化は、時間が急な程身体の負担となります。そのような負担は、後々、大きな反動(リバウンド)となり体重・体脂肪率等も増加し、改善もしづらくなります。

メディカルフィットネスは、個々の体調・身体機能に合わせた運動プログラム・食事療法にて身体の負担を軽減し長期にわたる健康維持を目的に行われます。

ページの先頭へ